太陽の恵みで省エネ生活|風力発電のメリットを知ってお財布にゆとりを
女の人

風力発電のメリットを知ってお財布にゆとりを

太陽の恵みで省エネ生活

家

パネルの設置方法と時期

太陽光パネルを設置し、太陽の光で電気をつくる太陽光発電。今では、数多くの会社がパネル販売を行っており、発電によって日中の電気消費量を抑え発電して余った電気は売電してお金に変えることができます。神戸市では、太陽光発電に補助金を設けるなど、省CO2を目指した取り組みがなされています。段々と発電した電気の売電価格が下がっていますが、実際には売電価格と同時に太陽光パネルの値段も下がってきているため、販売会社によっては費用対効果があまり変わっていないということもあります。とはいえ、将来的には売電できなくなる可能性もあるため、太陽光パネルの設置を考えているのであれば、早めの設置をオススメします。神戸で太陽光発電を行う場合、周辺環境を考慮して設置する必要があります。まず、絶対に必要な条件が一日中、パネルに太陽光があたり、一年を通して影にならない位置に設置することです。周囲に電線がある場合も、発電効率に影響を及ぼすため注意が必要です。効率良く発電するためには、パネルへの光のあたり方を考えて設置する必要があります。

電気の消費を抑える太陽光

太陽光発電のメリットは、売電だけではなく日中の電気消費量を抑えることができることです。オール電化住宅の場合は日中の電気代が高いことが多いため、より効果を発揮することができます。神戸は年間の日照時間が全国平均よりも長く、太陽光発電に適した地域と言えます。太陽光発電のメリットは他にもあります。太陽光パネルを設置することで屋根面の日射を遮る事ができるため、夏季は室内の温度上昇を抑えることができます。また、災害の発生時には非常用の発電機器として電気を取り出すことも可能です。震災のあった神戸という地域柄、このような特色は太陽光発電の選択を高める要因かもしれません。燃料電池を組み合わせれば、日中だけではなく夜間も電気を利用することができ、安い夜間電力と併用することで、売電量を増やす事ができるなど様々なメリットがあります。メーカーによっては、太陽光パネルの保証は20年以上となるため、老後も必要となる電気代軽減のため今から設置を検討している家庭もあります。売電が終了した後は、燃料電池を設置して日中と夜間の電気代を抑えるなど将来的な省電力も工夫することができます。